MENU

個人再生を利用して金融機関の借金を減額

住宅ローンを抱えながら、金融機関にも借金をしてその額もいつの間にか500万円以上と膨らんでしまいました。そこでにっちもさっちもいかなくなってしまい、市役所の無料法律相談に赴き弁護士に相談をしたところ、あなたの様なケースでは個人再生を強くおすすめしますと提案されました。

 

その理由としては住宅ローンは残ってしまいますが、住宅を残すことができ、金融機関の借金を5分の1まで減額することができるからです。つまり個人再生を行えば現在住んでいる家を失わずに済むことで何かと都合が良い点もあります。

 

即断は禁物なので、ネットなどの借金などのサイトを片っ端から閲覧して調べてみました。すると確かに個人再生には自分にとって利があり、しかも2〜5年間以内で金融機関の借金を返済完了する目途が立つからです。
ただそれを行うと金融機関から借金が出来なくなりますが、今までが安易に借りて来たことを反省しているので別に良いです。無料法律相談の担当の弁護士から名刺を頂いたので、さっそく事務所に電話をして依頼をしたい旨の連絡をしました。

 

手続きの流れと弁護士費用の内訳も説明して頂き、しかも親切丁寧に生活が成り立つことを第一義に考えてくれ、助かりました。傷口を広げないためにも、もっと早く相談すれば良かったと痛感もしています。